Home> 記事 > 立体ステレオ3D写真画像の眺め方 ネット割引コム Site Map


Web サイト内

編集部体験レポート


立体視 (立体ステレオ3D画像を見るコツ)

ちょっとずらして撮影した写真を同時に眺めると、奥行きのある立体画像になります

立体画像 (1)「遠くを見る目」で、ぼんやりと左右の点をながめていると、2つの点が3つに見えるようになります。(2) これで準備ができました。そのままの目で真ん中の写真を見れば立体画像です。 立体視
(1)ボンヤリ(平行法): 一旦モニターから目を離して、遠くを見つめます。目の焦点はそのままにして、左2枚の画像をながめると、いきなり立体画像になります。(2) 寄り目(交差法):それでもダメなら、寄り目にして右2枚の画像を見ると立体画像になります。(3) やぶれかぶれ最後の手段は、モニターに近づいて、目を思いっきりカッと見開いたまま、まばたきもせずに中央の画像をじっとみつめる。
立体画像の眺め方:ステレオ3D画像を立体視すると遠近感がハッキリとした奥行きのある世界を楽しむことができます。 【ネット割引コム・ネット割り引きコム・ネットわりびきコム・ネット割引きコム・net割引.com】
【最強のクーポン検索とネット割引情報】最新のクーポン情報と最安値情報をネット割引コムで一括検索
Site Map