Home> 特撰品 > L-カルニチン・コエンザイム Q10 (CoQ10)・αリポ酸 ネット割引コム Site Map


Web サイト内

編集部体験レポート


L-カルニチン+αリポ酸α(アルファ)リポ酸サプリメントL-カルニチン30コエンザイムQ10(ビール酵母入り)

L-カルニチンとはコエンザイムQ10 (CoQ10)、αリポ酸、L-カルニチン:最強の組み合わせ

L−カルニチン+αリポ酸【美容・健康・ダイエット・生活雑貨の通販 寧々屋【ねねや】ストアミックス店】【脂肪燃焼サイクルに不可欠な2大成分「L−カルニチン」と「αリポ酸」】

L-カルニチン+αリポ酸

販売価格 3,129円(税込)

脂肪燃焼サイクルに不可欠な2大成分「L−カルニチン」と「αリポ酸」が組み合わさった、夢のようなサプリです!! 1日あたりの摂取量4粒の中に、L−カルニチンとαリポ酸の必要量がばっちり配合されています。 しかもミネラル・カルシウム・肌の保水効果を高める物質を含む真珠粉とマルチビタミンが含まれており美容健康のために生まれてきたようなアイテムです。

話題の成分「L-カルニチン」と「αリポ酸」をたっぷり配合した【L-カルニチン1000+αリポ酸100】【これこれ倶楽部】話題の成分「L-カルニチン」と「αリポ酸」をたっぷり配合しました

L-カルニチン1000+αリポ酸100

■希望小売価格 8,800円

販売価格 3,990円(税込)

4,810円引き ( 55 % OFF)

糖を分解してミトコンドリアに運ぶ今話題のリポ酸、分解された糖をミトコンドリアに中に入れるL-カルニチン。分解された糖はミトコンドリアに入ってはじめて燃焼するので、とても重要な成分と言えます。

本製品はL−カルニチンを1日になんと1000mg、さらにリポ酸を100mgも摂取出来る超高濃度のサプリメントです。

α(アルファ)リポ酸 サプリメント【美容・健康・ダイエット・生活雑貨の通販 寧々屋【ねねや】ストアミックス店】α(アルファ)リポ酸 サプリメント

販売価格 3,129円(税込)

■αリポ酸で中年太り解消!の3ステップ 1.体脂肪の材料である血液中の中性脂肪が減る ▼ 2.内臓の体脂肪が使われ始める ▼ 3. 皮下脂肪が使われ始める *男性は比較的早く効果が出ますが、女性の場合は皮下脂肪が多く、効果が出始めるまで1ヶ月程度かかるそうです。 ■αリポ酸(アルファリポ酸)とは? αリポ酸(別名チオクト酸)は全身の細胞内のミトコンドリアに存在する脂肪酸で、細胞を活性化させます。コエンザイムに近い物質といえます。αリポ酸は糖をエネルギーとして使われやすい形に分解するはたらきがあり、昔から糖尿病治療薬としても使われていたほど。 ■αリポ酸は年齢とともに減少! ■αリポ酸はサプリメントで摂取 αリポ酸は体内で減少してしまうと外から摂るしかありません。1日100mgが摂取の目安ですが、食べ物では摂取が難しいので(ほうれん草で600kg)、サプリメントで効果的に摂取しましょう。

L-カルニチン【HBMライフネット】L-カルニチンがあなたのダイエットを強力サポート!

L-カルニチン (30g)

■希望小売価格 15,000円

販売価格 12,000円(税込)

3,000円引き ( 20 % OFF)

コエンザイムQ10の吸収率18倍!若く、美しく、健康的に【ナノQ10メルモ】【これこれ倶楽部】コエンザイムQ10の吸収率18倍!若く、美しく、健康的に!

ナノQ10メルモ

販売価格 6,300円(税込)

若返りの成分として注目を浴びているコエンザイムQ10。 シニアの体の若返りと共に、女性のためのシワの軽減などの美肌効果も期待され、100年に一度の成分として大ブームです。 しかし、このコエンザイムは水に溶けず、吸収も非常に悪いのが欠点でしたが、【ナノQ10 メルモ】は特許出願中のコエンザイムQ10包接体にすることによって、従来の10倍以上の吸収率を実現しました。

つまり、1日の摂取目安の6粒中108mgのコエンザイムQ10は、従来の1000mg以上の摂取と同じ効果をもたらすのです。 さらに【ナノQ10メルモ】には女性ホルモン作用があるイソフラボンや、ビタミンB群、ビタミンCまで配合されており、最強のサプリといえます。

コエンザイムQ10(ビール酵母入り)【美容・健康・ダイエット・生活雑貨の通販 寧々屋【ねねや】ストアミックス店】コエンザイムQ10(ビール酵母入り)

販売価格 3,990円(税込)

L-カルニチンとは?

L-カルニチンとはアミノ酸の一種で、脂肪を筋肉に運び、燃焼する役目を担っています。 L-カルニチンは脂肪の燃焼を促進し、コレステロールの増加防止にも効果があると確認されています。

L-カルニチンは体内でも合成され、主に肝臓や腎臓で作られますが、男性より女性、また太めの人も不足しがちです。エネルギー消費を上げる運動と組み合わせることで効果的なダイットが期待できます。

年齢とともに不足するL-カルニチン

L-カルニチンは体内でも作られるため、かつては補給しなくても不足することはないと考えられてきましたが、その後の研究で、年をとるにつれて体内から減少し、不足することがわかりました。

L-カルニチンは、リジンやメチオニンといったアミノ酸を原料とし、ビタミンC、鉄、ビタミンB6、ナイアシンなどの働きによって作られます。これらの栄養素のどれかが不足するだけでも体内のカルニチンは不足してしまうのです。

また体内のL-カルニチンは20歳前後をピークに減少し、その後年齢とともに減少していきます。 つまり、食事から積極的に補わなければ慢性的に不足する恐れがあるのです。

いわゆる中年太りや疲れやすくなるなどの症状もL-カルニチン不足が一因と考えられています。

L-カルニチンと脳の関係

L-カルニチンは、体の中で、脳に多く含まれている「アセチル-カルニチン」に変わります。 この脳のアセチル・カルニチンが不足すると脳の細胞が壊れやすくなるといわれています。 人間の脳には、ニューロンと呼ばれる神経細胞がありますが、ニューロンは20歳を過ぎた頃から1日に何万個というペースで壊れていきます。 このニューロンの減少は、アセチル・カルニチンが不足すると、急速に進むといわれています。

L-カルニチン ご使用方法

1日に付属のスプーンで軽く2杯〜4杯を目安にお飲み下さい。 特に摂取時間は決まっていませんが、活動前の朝に摂取するほうが効果的といわれています。

テレビ番組「あるある大事典」で放送された「老化」についての内容です。

●あなたは今何歳ですか?

一口に老化といっても、そのあらわれ方は様々。実は、老化は3つの知られざる恐怖となって襲い掛かってくる。

●老化の知られざる恐怖

(1)「見た目が老け込みどんどん汚くなっていく」

毎日少しずつ生まれ変わっている皮膚の細胞。新しく作られるサイクルが遅くなったり、出来上がりの質が悪くなったり、見た目の老化は進行していく。

●老化の知られざる恐怖

(2)「全身の細胞が役目を果たさず少しずつダメになっていく」

細胞は身体の表面を形作っているだけではない。全身のあらゆるところが60兆個、300種類にもなる様々な細胞でできている。たとえば血管には、通常、血液が勢い良く流れているが、壁の部分に注目して見ると、四角い細胞が並んでいる。もし、この細胞がきちんと働かなければ、血液はスムーズに流れない。外見の老化は30代〜40代から始まるが、細胞の老化は、20代から始まっている。

◇細胞が衰えると、何が起こる?

耳の細胞:繊毛を動かし続けて外部からの音をキャッチする。耳の細胞が衰えると耳が遠くなる。

目の細胞:目の網膜の中にあり先端部で明暗を識別している。目の細胞が衰えると視力低下・疲れ目。

脳の細胞:脳内の神経細胞は140億個。電気信号で情報伝達を行う。脳の細胞が衰えると物忘れが多くなる

◇老化とは

全身60兆個の細胞が、少しずつダメになっていくこと。問題は、細胞が働くためのエネルギーを生み出すエンジン「ミトコンドリア」。ミトコンドリアが元気に働かなければ、パワー不足で細胞自体の機能も低下していく。くたびれたミトコンドリアの不完全燃焼こそが老化の大きな原因だった。本来、エネルギーの材料として使われる食事で摂った栄養素は、ミトコンドリアの働きが鈍れば、余り続けていくようになる。

●老化の知られざる恐怖

(3)「痩せにくく、限りなく太っていく身体に」この第3の恐怖が見た目にあらわれたのが、いわゆる「オバサン体型」


●身体の内側 細胞から若返る!

呼吸や体温を維持したり、身体を動かしたり、人が生きていくためには常にエネルギーが必要。そのエネルギーを作り出すのが、全身60兆個の細胞すべての中にある直径わずか0.5ミクロンの小さな存在「ミトコンドリア」。ミトコンドリアが「元気に働いている人=老けにくい人」・「元気に働いていない人=老けやすい人」。ミトコンドリアは、20代まではそんなに個人差はない。ミトコンドリアはエネルギーを作り続ける細胞内のエンジン。

若返り最強のトライアングル:第1の救世主「コエンザイムQ10」

◇「コエンザイムQ10」(通称・CoQ10)

ミトコンドリアが作り出すエネルギーの正式名称はATP。食事で摂った糖や脂肪を加工して、このATPを作るとき、仕上げの段階で、酵素が必要になる。この酵素を運んでくるのがCoQ10の仕事。ATPはコエンザイムQ10が無いとうまく作れない。ATPが小さな爆発を起こすことで身体も動くし、心臓や肝臓も動ける。さらに、新しい細胞を生み出すための細胞分裂もATPの爆発する力で行われる

◇CoQ10の量は20代をピークに体内から減っていく

CoQ10の量は20代をピークに体内からどんどん減り続けていく。これでは、エネルギーも年々作りにくくなるばかり。その結果、細胞を動かす爆発力が不足。心臓、肝臓など全身の臓器の働きも鈍くなっていく。さらに、目や耳の細胞なら、機能が低下。皮膚の細胞なら肌荒れと、身体中いたるところで不具合が起こるはめに。

◇CoQ10はアンチエイジングの切り札

サプリ先進国アメリカでは、体内で減っていくCoQ10をサプリメントで補う人が増え続けている。エネルギーが新たに作られるようになれば、衰えた細胞も元気を取り戻す。

◇CoQ10はATPの仕上げ役

CoQ10をATPの仕上げ役とすると、残る2つはいわば下ごしらえ役。しかもその作業は、見事に分業されている。

若返り最強のトライアングル:第2の救世主「αリポ酸」●若返り最強トライアングル 第2の救世主「αリポ酸」

◇αリポ酸

ミトコンドリアが生み出すエネルギーATPの主原料は食事で摂った糖。つまり、炭水化物と脂肪の2つ。このうち、αリポ酸が担当しているのは、糖の下ごしらえ。実は、消化・吸収されて細胞まで運ばれてきた糖は、そのままでは効率よくエネルギーに使うことはできない。そこで、αリポ酸の出番。糖を手際よく加工して、使いやすい形に変えていく。ご飯、パン、麺類、食事で摂った糖は、αリポ酸が分解し、CoQ10が仕上げる。この連係プレイによって、全身の細胞でATPへと変えられる。

◇αリポ酸の量も年齢を重ねるごとにピークに体内から減っていく

αリポ酸も年齢を重ねるごとに、体内から減っていく物質。若い頃に比べて、食事の量は減っているのに太りやすく、痩せにくくなってきた。こんな中年太りも、身体の中 でαリポ酸が減っている証。つまり、糖をエネルギーに変えにくくなっている。食事でとった糖がエネルギーとして使われない。こうして、体内で糖が溜まっていくと、すべて は脂肪に変わって溜め込まれていく一方。これが、中年太りの大きな要因。

若返り最強のトライアングル:第3の救世主「L-カルニチン」●若返り最強トライアングル 第3の救世主「L−カルニチン」

◇第3の救世主とは?

アメリカの最新研究で、L−カルニチンは体内で脂肪の代謝に関わる重要な物質と判った。

◇第3の救世主「L−カルニチン」とは?

L−カルニチンはミトコンドリアの膜の部分で待機。血液中に運ばれてきた脂肪を次々取り込んで加工をすると、ミトコンドリアの中へ。使いやすい形になった脂肪は、糖と同様CoQ10によって大事なエネルギーATPへと変えられていく(脂肪をエネルギーの原材料アセチルCoAに変える)。つまり、糖と脂肪2つの材料は、最強トライアングルの揃っている20代までは全身を若々しく保つために効率良く使われている。

◇L−カルニチンが多い場所

全身の筋肉と「心臓の心筋」

◇心筋細胞

心臓は心筋という筋肉でできた袋のようなもの。心臓の拍動は心筋の細胞一つ一つが動いて維持する。この動きは、L−カルニチンが脂肪を運び入れたおかげで続けられている。心臓を動かすエネルギーの70%が脂肪と言われており、L−カルニチンは生命維持に欠かせない重要な物質。しかしL−カルニチンは加齢と共に体内から減少していくが、これは体内での合成能力が衰えるためで、20才をピークにして体内で段々減っていく。心臓に多いL−カルニチンが不足するとどうなるのか心筋の衰えを検証。

◇心筋の衰えを検証

心臓が1回ドキッとする毎に流れ出す血液の量、心拍出量を超音波エコーを使って測定。

・20代の男性の場合:81ml
・60代の男性の場合:74ml

心臓の動きが衰えてしまっても、全身が必要とする血液量は同じ。つまり、量を維持する為には心拍数を増やして血液量を保つ。

・20代の男性の場合:61回/分
・60代の男性の場合:80回/分

ただでさえ老化している心臓が、無理を重ねて頑張ってしまう。L−カルニチンの減少は、思わぬ形で身体に負担をかけ続ける。

●減少したL−カルニチンを補う方法とは?

元々、L−カルニチンは牛乳やレバーに含まれているアミノ酸(リジン・メチオニン)を原料に体内で合成されているもの。これらのアミノ酸を摂ることも減少を食い止める手助けにはなる。しかし、加齢によって体内の合成能力は低下していくので、L−カルニチンそのものを補う方が確実。

◇L−カルニチンを含む食材

以前「志村けんプロジェクト」で太りにくい肉として紹介したラム肉はL−カルニチンを豊富に含む食材。L−カルニチンは、肉類に多く含まれ、特にラム肉には豊富。食事で摂った脂肪程度ならちゃんとエネルギーにしてくれる。しかし、加齢で減った分を補うに以下の量を食べなくてはならない。

・ラム肉:1日500g
・サーロイン:1日5枚

この点でもCoQ10(イワシ20匹)や、α−リポ酸(ホウレン草600kg)同様、食材での摂取は難しいL−カルニチンの研究が進んでいるアメリカではサプリメントで摂取するのが一般的。

◇L−カルニチン摂取量の目安(日本人の場合)

1日:300mg〜500mg

必要以上に摂取しても排出される可能性が高い。

●細胞のトライアングルの理想の摂取量を食事で摂るなら(1日分)

・αリポ酸:レバー串2万本かホウレン草600kg
・L−カルニチン:ラム肉500gかサーロイン5枚
・コエンザイムQ10:イワシ20匹

とんでもない量になるので、サプリメントで摂取するのが良い。

◇摂取の目安(1日)

・コエンザイムQ10:60〜100mg
・αリポ酸:100mg
・L−カルニチン:300〜500mg

これらは体内に元々ある物質なので、摂り過ぎても問題は無いと今は言われているが、摂りすぎても無駄(※現在、医薬品を服用、通院中の人は医師に相談が必要)。

●身体の外側から若返る!

全身の細胞を活性化させる3つの物質を補い、規則正しい食事と運動を心掛ければ、体型リセットの効率もアップし身体も若返るはず。しかし、若返りの最強トライアングルを補っても、オバサン体型から脱却できない効率の悪い身体、体型のリセットに効率の悪い身体がある。

◇足上げCHECK

椅子に座り、ヒザの上に足を乗せ、足首を持って足先をどこまで垂直に上げられるかを

見る。この時に、背中が丸まったり、足が身体から離れたりしてはいけない。

[判定]

足が頭よりも上:効率の良い身体
足が頭よりも下:効率の悪い身体

足が頭よりも下なのは、大腿筋膜張筋が硬くなっている証拠。

◇オバサン体型からの若返りの秘策

過去に番組で紹介した、「グッドモーニングエクササイズ」「買い物袋リフティング」を紹介。さらに追跡調査を重ねた結果、これらのエクササイズに+αでオバサン体型から早くさよならできる、効率アップ方法を発掘。

◇大腿筋膜張筋

「大腿筋膜張筋」を使うとさらに効率がアップする。「大腿筋膜張筋」は太ももの外側にある筋肉で、骨盤の所から始まってヒザの所にくっついている筋肉。本来、高い柔軟性を持つこの筋肉は内側にある筋肉をスムーズに動かすという働きがある。しかし現代生活では、ほとんど使っていない人が多い。その結果、筋繊維が硬くなって内部の筋肉を動かしにくくなり、エクササイズの効果も半減してしまう。大腿筋膜張筋の柔軟性をアップさせる「そっと寄りそいストレッチ」を紹介。身体の内側と外側、若返りはダブル対策で!

【登場コメンテーター】

・東京工科大学 バイオニクス学部 教授・山本順寛氏
・バークレー大学教授 オークランド小児科学研究所 主任研究員・ブルース・N・エイムス氏・コネチカット大学 薬学部 教授・ステファン・シナトラ氏・実践女子大学 生活科学部 食生活科学科 教授・田島眞氏・セコメディック病院 循環器科 医師・中村勝太郎氏・東京慈恵会医科大学 スポーツクリニック 助教授・河野照茂氏

L-カルニチン・コエンザイムQ10・αリポ酸 【ネット割引コム・ネット割り引きコム・ネットわりびきコム・ネット割引きコム・net割引.com】
【最強のクーポン検索とネット割引情報】最新のクーポン情報と最安値情報をネット割引コムで一括検索
Site Map